<   2008年 02月 ( 17 )   > この月の画像一覧

巻くのだ。

c0127810_1915596.jpg


テレビでプロの料理人さんが、かたまり肉とたこ糸を手にして
「巻くんです。」
とさらららら~とやってるのを以前見かけまして。

うーん、ちゃんとした巻き方を知りたい!と思ったのです。
そこでは「やりやすいようでいいんですけど。」と親切に言われてましたが、
そんなんじゃなくて、お仕事のときに誰に見られても恥ずかしくないような。
だって私はお菓子の学校しか行ってないから、こんなことはやらずに終わったのだ。 ちゃんとした厨房経験もないし。

で、先日小さく講習会。
丁寧にできるようになるまで教えていただきました。


あれから2日。
忘れちゃいけないから、何度もこうやっておうちで巻くのだ。
そのうち目にもとまらぬ速さで巻けるようになるのだ。
かすんで見えないくらい早くきれいに巻けるようになるのだ。
(↑なんだ?肉巻きに対するこの執着心。)




c0127810_19151744.jpg
ほらね、裏もきれいにね。

こんな、目に見えない一生ものをいただけるのはとっても嬉しいのです。

ほんとにほんとに、ありがとう。















ちょっとお留守しました。がんばってぼちぼちいくよ♪
よろしくね☆
広島ブログ
[PR]
by paris_neige | 2008-02-27 19:25 | memo

コーヒー。

c0127810_2348365.jpg


コーヒーとは、アロマだと思います。
昔、ヨーロッパの古い良いレストランでは、
お料理のあとのコーヒーは別部屋でたしなまれたそう。
…そう、お料理の匂いが残った部屋ではなく、
新鮮な空気がたくさんで、お料理の匂いの充満した部屋よりは無臭に近いお部屋で。

だから、コーヒーを楽しむときはお部屋の空気にも気をつけたい。

明日の深川珈琲さんとのイベント、
もちろんまじめな、ほかの匂いのあまりしないお部屋で行われます(*^_^*)

ただいまお菓子を焼き焼き~♪




みなさんに会えるの、うれしいな。。。
広島ブログ
[PR]
by paris_neige | 2008-02-23 23:52 | memo

トマトモッツァレラスパゲッティ。

c0127810_12153974.jpg


出来上がったトマトソースがあれば、こんなのがすぐできてちょっと嬉しい。
Tさんありがとう♪ Yさん昨日もご苦労様です(^^ゞ
パスタを茹でたら、ほんとにあとはフライパンで和えるだけ。
まさにあっと言う間にできるので、おうちでお一人さまランチの時にピッタリ。



週末は、深川珈琲さんとのコラボイベント。  エントリーはこちらからどうぞ♪


また、深川珈琲さんでも受け付けてくださってます。
masamiちゃんありがと!

お待ちしてま~す(*^_^*)


さささ、大切なのはここ↓のポチ。
広島ブログ
[PR]
by paris_neige | 2008-02-21 12:32 | お料理。

プレーンなチーズケーキ。

c0127810_2021267.jpg



美味しいコーヒーとマリアージュして食べたいチーズケーキ…。
そんなことを思いながら焼きました♪

NYチーズケーキほど重たくはないけど、ふわふわでもなく、
けれども後味はすっきりと。

クリームチーズはKIRIを使用。
東京で一緒に仕事をしてたル・パティシエTさんは
「KIRIは毎回味が安定しないんだよね。開けるたびに味見をして配合を変えてるんだ。」
と言ってたので、私も毎回KIRIを使うときは味見します。
…かといって配合を変えるまでに及んだことは一度もなし。


c0127810_20214119.jpg



このケーキ、実は試作品。
いつも仲良くしてもらってる深川珈琲さんとのイベントのための試作です(*^_^*)
自分が作ったものを、はじめましての皆様に食べてもらうとか、
つたない話を聞いてもらうとか。
どれもが未熟で恥ずかしいことだらけですが、
それでもという奇特な方はぜひご参加くださいな。

違う!私じゃなかった!
深川さんの珈琲話は逃してはいけませんぞ!
というわけで、みなさんぜひお越しくださーい\(^o^)/


エントリーはこちらからお願いします♪


ついでに、こちらもね♪
広島ブログ
[PR]
by paris_neige | 2008-02-19 20:40 | お菓子。

いちごまつり。

c0127810_17551234.jpg


さてさて、今夜はいちごまつりですよ~♪

いちごのタルトでも作ろうかなーとスーパーへ行ったのですが、
どのパックも大粒でかわいくなかったので見送りました。

で、車に乗り込んだものの、あきらめきれずに
「じゃあケーキ買えばいいじゃん!」
と片道15キロのいつものケーキ屋さんへ。

というわけで、今夜はいちごまつり。
けど、昼間焼いたチーズケーキもあったりして。あれれ…(@_@。


今日もぽちっとお願いします♪
広島ブログ
[PR]
by paris_neige | 2008-02-18 18:01 | お菓子。

チョコマドレーヌ。

c0127810_20345137.jpg


バレンタインデーに焼くのが間に合わなかったかわいそうなチョコマドレーヌ。
結局、意中の2歳児には買ってきたトーマスのチョコをあげました"^_^"
それもまた大喜びしてトーマスの歌を歌いまくり。

このマドレーヌ。チョコの風味だけでなくオレンジの皮の摩り下ろし入り。
お隣りさんから頂いたノーワックスのオレンジ、皮までしっかり活用です。


c0127810_20345897.jpg



レシピの都合上、キメが粗くなってしまいましたが、仕方が無い。
ま、別にこれはこれで…(^_^;)

そんなことよりも、チョコ&オレンジってやっぱいいわよね~♪
と思えて嬉しくなるマドレーヌでした。


さて、次は雛まつり♪ ぽちっとお願いします。
広島ブログ
[PR]
by paris_neige | 2008-02-17 20:41 | お菓子。

ブロッコリーのカラブリア風。

c0127810_23592229.jpg


今日もめでたくてんこ盛り。
ジノリのお皿にてんこ盛り。センスのかけらもなくてんこ盛り。

こちら、1年の1/3をイタリアで過ごすという、
イタリアの会社の方に教えていただいた向こうの家庭料理。
イタリアのカラブリア地方のお料理なんだってー、へー。
つーか、どこだ?それ。 ←失礼!

とってもお手軽な炒め物なのですが、
マヨネーズを入れてないのにマヨネーズの香りがする、作っていて楽しくなるお料理です。

食材はブロッコリーじゃなくても何でもいいそうなのですが、
今日のところは習った通りブロッコリーで。
フランスのビストロなどでで青いお野菜(いんげんなど)が出てくると、
はい?と言いたくなるくらいグダグダに茹でてあることがほとんどで。
今日もちょっとヨーロッパ気分でぐだぐだに。


さ、ぐだぐだと押してみてくださいな♪
広島ブログ
[PR]
by paris_neige | 2008-02-15 00:07 | お料理。

四つ葉のクローバー

c0127810_19362565.jpg


本来三つ葉なのか四つ葉なのか
そう思ってしまうほどたくさん四つ葉がついてしまいました。
四つ葉がたくさんつくブラッククローバーなのですが、
一時、四つ葉がでなくて、父に相談すると
「栄養剤をしっかりやっておいた。」
と。

それからありがたくもなくなるほどつくつく!
さらには五つ葉までふつうにつきはじめました。

どこまで行くんだろう。
路地植えに変えてみようか。 四つ葉がたくさんある庭もすてきかも…♪


さ、肝心の幸運はどこへ! 押してみておくれ。
広島ブログ
[PR]
by paris_neige | 2008-02-13 19:40 | petit jardin

チョコパウンド。

c0127810_15354412.jpg


藤野真紀子さんの本をじぃぃ~っと見ながら、
「これなら今ある材料でできるっ!」
と思い立って作ったパウンド。

藤野真紀子さんのお菓子はほかの方の完璧家庭用のレシピと比べると
ちょっと手間が多いのですが、味は本格的。
しかも私にとってはガツンと甘いです。
そんなこんなではまりにはまって、持ってる本は10冊近く。


今日は焼きあがってオーブンから出して…。

うわ♪ こんなつるつるお肌のパウンド焼いてみたかったのよ~(^-^)
とにんまり。

c0127810_15355266.jpg



実は3本できたこのパウンド。お味見をお願いしに、さぁお出かけ♪


こちらもお願いします(^-^)
広島ブログ
[PR]
by paris_neige | 2008-02-12 15:45 | お菓子。

ガトーショコラ。

c0127810_22164774.jpg


私の中ではいちばんベーシックなガトーショコラ。
それまでいろいろと試していただのだけれど、これに落ち着きました。

初めてシェフにレシピをこっそり教えてもらっておうちで作ったときは
なんてストライクなガトーショコラなの!?と感激。
すぐさま電話して
「これ、マダムのガトーショコラって名づけるわ!」
と興奮したものです(^-^)

しばらくガトーショコラといえば粉ゼロ(もちろんココアもなし)のレシピにはまっていて、
ここのとこ、お休みしてました。
久しぶりに作ってみるとやっぱりマダムのガトーショコラ。大人味で深い。

ガトーショコラといえば思い出すのはパリのお菓子の学校のある先生。
「アリガトー プリュス(+) ゴザイマス。」
と時々日本語で言ってくれるのです。
「アリガトーは「ガトー」で覚えてるのね。」
と言うと、
「ノンノン、間違えた! アリガト・ウ! アリガトウは’’ー’’じゃない、ウだ!」
と言いなおしてました。(これはフラ語で)

いつでも「I never seen…♪」と歌っていたちょっと雑な体育会系の先生。
確かに誰もが認めるほど少々雑でしたが、
この先生のフィユイタージュ(パイ生地)はパリ1区の星付きシェフも褒めてました。
「ふわわわ~~って均一にこーんなに膨らむんだ。ヤツのフィユイイタージュは最高なんだ。
 よく見て味わっておくといい。」
とね。 
言われたとおりよく見て味わったはずですが、
私のフィユイタージュはどうもとんちんかんです(^^;)



さてさて、思い出に浸っている場合ではなく…。
広島ブログ
[PR]
by paris_neige | 2008-02-11 22:34 | お菓子。